FC2ブログ
04≪ 2020/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-04-09 (Tue)
これは

先日 抜歯した
マロンの左上犬歯です
マロンの犬歯1
写真は表側から撮っているので
何気にキレイですが
裏側は、黒くなった部分や
ドロッと骨が溶けた部分が残っています



長さ約3.5㎝
想像した以上に大きくてビックリ!


見える部分の長さは 1.5㎝程度なので
半分以上が歯茎の中に
埋まってる形になります



出血した写真も載せているので
興味のある方のみ
続きをご覧くださいね




治療前のマロンの歯
マロンの犬歯2
キレイで腫れもなく
健康な歯に見えますよね


犬歯の裏側も
マロンの犬歯3
特に異常を感じる所は見えず


ところが
犬歯の裏側を切開して
犬歯裏側切開
腐った歯周組織を取り除いたら
鼻腔まで貫通してまったそう


左端に白っぽく見えるのが骨
マロンの犬歯4
本来なら
全体に白っぽく見えるはずなのに
右側は骨が溶けてありません


なので
すぐ出血して赤く…
マロンの犬歯5
溶けた部分の骨を形成して


縫合して終了です
マロンの犬歯6 

鼻腔に穴があくほど
重症だったにも関わらず

歯茎が腫れる事もなく
口臭もしなかったのか。。。

その原因は、次回に
関連記事
スポンサーサイト



* Category : 犬の歯科治療(日本)
Comment : (-) * Trackback : (-) |