09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-03-10 (Sat)
気がかりな1本の歯

左上の犬歯…しかも裏側
左上犬歯1
今回は
薬剤を注入して様子見になりましたが

歯周ポケットが8ミリにも及ぶので
正常値までの回復は難しいかも…と

そこで
先生から提案されたのが


「GTR法」と言う再生治療です

【GTR法】とは
歯周病で溶けた「歯槽骨」を取り除いた後
特殊な膜「メンブレン」を貼り・縫合する事によって
菌などの浸食を防ぎ
歯槽骨の再生化を図る方法です



人間の治療例ですが
分かりやすい画像があったのでお借りしました
*千葉県「稲毛エルムクリニック」さんのHPより拝借
犬歯2
治療が必要になった時の
マロンの歯槽骨の状態にもよりますが
歯が温存できる可能性はあります


負担をかけるくらいなら
抜歯した方が良いのでは…と言う
思いも正直あります

でも
マロンは食べる事が大好きだし
「噛む事も楽しみ」だと思うんですね


体調さえ良ければ
残す治療を続けて行こうと考えています
再治療4
今回の歯科治療のお話が
少しでも皆様のお役に立てたら嬉しいです
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 犬の歯科治療(日本)
Comment : (-) * Trackback : (-) |