05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-09-18 (Sun)
数年前から

マロンの背骨付近にある
小さなしこり
ケラチンシスト1
良性で問題ないと
言われていたのですが



少し大きくなっていたので
ケラチンシスト2
念のため、針を刺して
細胞を診て頂きました



背中の「しこり」は
ケラチンシスト
ケラチンシスト3
↑※しこりから採取した マロンの細胞画像です

【ケラチンシスト】とは
本来
外に排出される
フケやカス、毛などの老廃物が
皮膚の中で
袋状に溜まってしまい
しこりのようになっている
良性の塊です


かなりの大きさになったり
老廃物が弾けて
皮膚から飛び出てきたり

表面に細菌がついて
ジュクジュクしたりしなければ
そのままで
大丈夫だそうです

***********************




とりあえず
大丈夫そうです
ケラチンシスト4



***小梅の独り言***

せなかの「しこり」
前の病院では
「角化棘細胞腫」との診断で
今回は、「ケラチンシスト」

似たようなものでは
「毛包・表皮嚢胞」もあります

どれも
老廃物が溜まってできる
良性の腫瘍のようですが
それぞれの違いが
私には、今一つ分からず…です(^^;
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 動物病院記録(日本)
Comment : (-) * Trackback : (-) |