07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-03-14 (Mon)
これまで以上に

キチンとした歯磨きが必要となった
「前歯の裏側」


原因は
歯茎の穴1
○で囲んだ
歯茎の一部分に
小さな穴が開いていた(開口していた)事


先生と一緒に
穴(開口部)を確認したのに
どこの部分だったか…思い出せない
ショック過ぎて記憶が飛んだか
脳に問題ありか(汗)



治療後2週間は綿棒で
その後
歯ブラシでのケアだったのですが

ケアをしている中で
糸で縫合した所に支障が出るような
磨き方をしてしまったのかな…


先生からは
裏側も丁寧にケアすること以外
特に厳しい話はなく

次回の検診は
3か月後でOKとの事だったので

ケアを頑張れば
悪化せずに維持できる
状態なのでしょうか。。。


嘆いても
穴が塞がるわけじゃないし
歯茎の穴2
頑張るしかないですね



***小梅の独り言***

全身麻酔での歯周病ケア治療は
今年1月を最後にして
その後は
マロンが犬生を全うするまで
美味しく食べられるよう
歯磨きを頑張るんだ!
そう決めていたので、正直ショックでした

それに、今までは
突発的な診断を聞かされても
聞きたいことがすぐ、頭に浮かび
事細かに先生に質問していたのに

この時は
何も聞いてなかった事を後で思い出して
それも何となくショックでした
(私の脳みそ…大丈夫かしら)

でも、
落ち込んでも解決できないから
丁寧な歯磨きを頑張るしか
ないですね
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 犬の歯科治療(日本)
Comment : (-) * Trackback : (-) |