FC2ブログ
個別記事の管理2016-04-23 (Sat)
4月のはじめ

マロンのフィラリア薬について
悩んでいる事を書いたのですが

その時の事はこちら

シニア犬のフィラリア薬選びに悩む



先生とも相談して
フィラリア薬1
「モキシハート(モキシデクチン)」にしました



① 外を歩くことがほとんどない
(草むら等にも入らない)

② 外での拾い食い(食べ物、フン等)をしない

…と言う
マロンの生活スタイルで
消化器官寄生虫に感染するリスクは
かなり低い事と

体への負担が一番少ないことも含めて
モキシデクチンに決めました
フィラリア薬2
美味しいかどうかは
来月のお楽しみに(^m^*)



*** 小梅の独り言 ***

震災の影響で
ワンコ達も病気になったり、
熱中症で亡くなる等
悲しい出来事が起きています

ワンちゃん達や飼い主さんの
辛さと悲しさを思うと
堪らない気持ちになります
* Category : フィラリア・フロントライン
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-04-21 (Thu)

NGO「ピースウィンズジャパン(PWJ)」さん

ペット連れ専用の
避難所(超大型シェルター)を
熊本県益城町総合体育館広場に

作られたそうです

ワンちゃん達に必要な
フードやケージなどはもちろん
シェルター内で
一緒に横になって眠れるよう
マットや毛布なども準備されていて

24時間体制で
スタッフさんが常駐されています

詳しい内容につきましては、こちらから

「PWJ 緊急支援速報」
***********************************

また
テレビ朝日の「モーニングショー」では
震災地のペットたちの現状として

「ペットレスキュー熊本」さんと
「龍之介動物病院」さんの活動を
放映されていました

被災したペットたちにとって
もっとも大きなストレスの原因は

震災の直接的ショック以上に
飼い主とはぐれたり等して
人との関係が突然絶たれる事なのだそうです



飼い主にとっても、ワンコ達にとっても
一緒に居られることが
何よりも大切!!


その思いを理解して
一緒に避難できるよう活動をして下さる
方々がいらっしゃることに
本当に感謝します
* Category : ワンコに関する情報
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-04-21 (Thu)
今日は

肛門腺絞りフィラリア検査
行ってきました
肛門腺1
到着して、すぐ
パンティングが始まってしまう
マロンさん

ワンコも苦手だし
嫌な記憶も
蘇ってしまうのでしょうね


血液検査の結果が出るまで
外で待つことに
肛門腺2
ほんの僅かですが
気持ちが落ち着くようです


フィラリアの結果は問題ナシ

来月からお薬開始です



*** 小梅の独り言 ***
待合室で
フレキシブルリードで
ワンちゃんを自由にさせてる
飼い主さんがいました

他のワンコ達のそばに行っては
ワンワン吠え

飼い主さんはその度に
リードをしゃくって足元に戻すのだけど
また、自由にさせて
ワンワン。。。の繰り返し

公園ならまだしも
体調が優れない子も多い病院内で
絶対に止めて欲しいものです



*** マロンちゃんメモ ***
体重 5.83㎏(先月より100gも増えてる)
体温 38.7℃
心音 問題なし
* Category : 動物病院記録(日本)
Comment : (-) * Trackback : (-) |